経営學部経営學科の教育研究上の目的

経営學部経営學科は、経営學を中心とする幅広い専門知識と多様な応用能力を修得し、技術革新やグローバル化の進展によって産業や社會システムが変化する中で、実踐的な課題解決力を備え、現代ビジネスの諸課題に主體的?創造的に対応できる人材の育成を目指して、教育研究を行う。(學則第2條第2項(2))

學位授與の方針(DP)、教育課程の編成?実施の方針(CP)、入學者受入れの方針(AP)

経営學部経営學科の學位授與の方針(DP)

経営學部経営學科では、その教育目的である「経営學を中心とする幅広い専門知識と多様な応用能力を修得し、技術革新やグローバル化の進展によって産業や社會システムが変化する中で、実踐的な課題解決力を備え、現代ビジネスの諸課題に主體的?創造的に対応できる人材の育成」を目指しており、學士課程教育を通して以下の知識?能力を身につけている學生に対して「學士(経営學)」の學位を授與する。

  • 経営學の基礎的な概念?理論?命題を理解した上で、経営管理論?商學?會計學といった経営學の諸領域から多様な知識や技能を身に付け、経営において生じる諸課題を解決する力を身に付けている。
  • 情報活用能力、數的処理能力、日本語及び英語運用能力、コミュニケーション能力とともに幅広い教養及び國際感覚を身につけている。
  • 他者と協働しながら主體的に判斷し、リーダーシップをもって行動する力を身に付けている。
  • 産業や社會システムが変化するなかで、柔軟な発想と行動力をもって、新たな価値を創造していく力を身に付けている。

経営學部経営學科の教育課程の編成?実施の方針(CP)

経営學部経営學科では、學位授與の方針に基づき、以下のとおり教育課程の編成?実施の方針を定める。

1.コース制による體系的學修

本學部では、経営學部としての共通の教育課程を履修したうえで、各自の興味?関心、將來の進路志望に合わせて専門科目を主體的?體系的に履修できるよう、4コース12モデルを設定する。

  • (1) ビジネスデザインコース

    一般企業の企畫部、営業部、海外部門や経営コンサルティング會社、商社で活躍するための知識?能力、外資系企業や海外支店勤務を含む民間企業の國際業務擔當者として活躍するための知識?能力、及び、事業承継や起業に向けた知識?能力の獲得を目的としている。そのため、コーポレートガバナンスの考え方、イノベーションの原理、経営計畫の策定、組織の機能、そして管理職に必要な能力などの學修を深めるとともに、経営學的思考を修得するため、経営管理や経営戦略に関する科目を段階的?體系的に學修する。

  • (2) 組織?人材マネジメントコース

    一般企業の総務部、人事部や人材派遣會社で活躍するための知識?能力、自らをキャリアデザインでき、かつ支援するための知識?能力、及び企業人として、又は社會保険労務士や中小企業診斷士などの有資格者として、「人」を経営資源として捉え把握し、企業活動において効率的かつ有効に活用するための知識?能力の獲得を目的としている。そのため、組織の機能、管理職に必要な能力などの學修を深めるとともに、心理學に基づく分析や組織をまとめるリーダーとしての視點も學修し、組織を動かす人材としての素養も養うため、経営組織や心理學に関する科目を段階的?體系的に學修する。

  • (3) 企畫マーケティングコース

    流通業や一般企業における商品企畫?開発部門、広告?販売促進部門、店舗出店?企畫部門、広告代理店、百貨店?小売業で活躍するために必要な知識?能力及びインターネットを活用?経由して行われるマーケティング活動において活躍するための知識?能力の獲得を目的としている。そのため、商品を販売するための仕組み(市場調査?商品企畫?開発、プロモーション、販売ルート、消費者行動、広告心理など)などの學修を深めるとともに、これらを実踐する能力を育成するため、マーケティングや消費者行動、心理に関する科目を段階的?體系的に學修する。

  • (4) 會計専門職コース

    公認會計士、稅理士、國稅専門官といった會計専門職として活躍するための知識?能力、銀行業、証券業、保険業や一般企業の経理?財務部門で活躍するための知識?能力、及び、一般企業の経理?財務部門で活躍するための知識?能力の獲得を目的としている。そのため、簿記、財務會計、管理會計に関する科目を段階的?體系的に學修する。

2.幅広い知識を身につける教養學修

大學における専門學修とともに、自分の興味?関心に合わせて視野を広げ、豊かな感性?実踐感覚を身につけることができるように、幅広い分野、科目群からなるカリキュラムを編成する。またそれと並行して、各自の將來の進路志望に合わせて、就業力育成のためのプランを描けるよう、社會人基礎力の基盤形成となる基礎學力の養成に必要な科目群を共通教育科目として配置する。

3.順次性に基づく専門學修

學生が基礎から応用へと順次性に基づき學修を進めていくことができるように、以下のカリキュラムを編成する。

  • (1)専門基礎科目

    経営學、商學、會計學、経営情報の科目における「経営學基礎」、「會計學基礎」、「商業學」、「情報リテラシーⅠ」、「情報リテラシーⅡ」を専門基礎科目及び初年次教育のコア科目として位置づけ、これらの科目の履修を通して、大學での學修への適応と基盤形成に資するようにする。

  • (2) 専門共通科目

    経営學、商學、會計學、経営情報、統計學、體験型學習、ビジネス英語、経済學、法學の科目のうち、「経営管理論Ⅰ」、「経営管理論Ⅱ」、「経営組織論Ⅰ」、「経営組織論Ⅱ」、「人的資源管理論」、「経営戦略論Ⅰ」、「経営戦略論Ⅱ」、「マーケティング概論」、「マーケティング戦略論Ⅰ」、「マーケティング戦略論Ⅱ」、「現代産業論Ⅰ」、「現代産業論Ⅱ」、「初級簿記」、「會計學」、「経営情報論Ⅰ」、「経営情報論Ⅱ」、「情報管理論Ⅰ」、「情報管理論Ⅱ」、「ビジネス統計學Ⅰ」、「ビジネス統計學Ⅱ」、「ビジネスプランニング実踐Ⅰ」、「ビジネスプランニング実踐Ⅱ」、「外國書講読A」、「外國書講読B」、「企業論」、「ビジネス法入門」を専門共通科目として位置づけ、これらの科目の履修を通して、経営學の専門學修を進めていく上での基本的な知識や技能、論理的思考方法を身につけられるようにする。

  • (3) コース基本科目

    経営學、商學、會計學に関する高度な知識を學修するため、學生個々の興味や將來の進路に鑑みて、選択する各コースのカリキュラムマップ(コアカリキュラム)の編成に従ったコース基本科目から、各モデルに従って、體系的かつ順次性のある學修を進める。

  • (4) 演習?卒業論文

    専門演習では、経営學、商學、會計學を中心とする知識や技能、 思考法等の基本的學修を積み重ねて発展させていくため、體系性、順次性に基づくカリキュラムを用意する。また、自分の興味?関心、將來の進路志望に合わせて専攻分野、テーマを設定し、研究活動を推進し、その成果を學生研究発表大會や顕彰論文、學士課程の集大成としての卒業レポートや卒業論文にまとめることができるようにする。

  • (5) キャリア形成科目

    學生の生涯を通じた持続的な就業力の育成を目指して、キャリア形成と支援を教育の重要な柱と位置づけ、段階的?體系的なキャリア教育を行い、経営學部生として身につけるべきキャリアスキルを涵養するとともに、社會的?職業的自立に必要な能力を養成する。また、國內外での就業體験を通じて、將來の進路や職業の選択に向けた職業観の涵養を目的として、「インターンシップⅠ」、「インターンシップⅡ」、「インターンシップⅢ」、「インターンシップⅣ」、「海外インターンシップ」を設置する。

4.卒業要件と履修指定科目の設定

  • (1) 卒業要件

    學位授與(卒業)には、共通教育科目から30単位以上、専門教育科目から80単位以上、合計124単位以上の修得が必要であり、加えて、以下の卒業要件を設定する。

    • 共通教育科目の英語、ドイツ語、フランス語、中國語、韓國語、ロシア語からいずれか1種類の外國語4単位を選択必修科目とする。
    • 専門基礎科目のうち、経営學基礎、會計學基礎を必修科目とする。
    • 専門共通科目のうち、20単位以上を選択必修科目とする。
    • コース基本科目のうち、20単位以上を選択必修科目とする。
    • キャリア形成科目のうち、インターンシップ(各1単位)のうち2単位又は海外インターンシップ(2単位)を選択必修科目とする。
    • 「卒業研究A」、「卒業研究B」(4年次)を必修科目とする。
  • (2) 履修指定

    以下の科目の履修を指定する。

    • 専門教育科目の基礎科目のうち、「経営學基礎」、「會計學基礎」、「情報リテラシーⅠ」、「情報リテラシーⅡ」(1年次)。
    • 演習?卒業論文のうち、「基礎演習A」、「基礎演習B」(1年次)、「専門演習ⅠA」、「専門演習ⅠB」又はアドバンスト演習のⅠA、アドバンスト演習のⅠB(2年次)、「専門演習ⅡA」、「専門演習ⅡB」又はアドバンスト演習のⅡA、アドバンスト演習のⅡB(3年次)。
    • キャリア形成科目のうち、「ビジネスキャリア基礎A」、「ビジネスキャリア基礎B」(1年次)、「ビジネスキャリア研究A」、「ビジネスキャリア研究B」(2年次)、「ビジネスキャリア実踐A」、「ビジネスキャリア実踐B」(3年次)。

5.學修指導とキャリア形成

本學部では、ビジネスの現場において効果的となるキャリア教育を初年次より段階的?體系的に展開し、ビジネスにおける専門性を高めたキャリア形成に関する知識を修得するため、キャリア形成科目を専門教育科目として設定する。
初年次からキャリア形成(実踐としてのインターンシップへの參加も含む)に取り組むことにより、自分の興味?関心、將來の進路志望に合わせた學修計畫を立てるようにし、その計畫に基づいて學修指導、キャリア形成支援を受けながらキャリア形成學修を進めることができるようにする。

6.多様な學修空間の形成と成果の発表、蓄積

(1)~(5)の方針のもと編成された學士課程教育プログラムを構成する各科目は、それぞれの特性に応じて、個々の學生の興味?関心、將來の進路志望に合わせた能力育成に、以下の點で対応する。

  • (1) 學生が主體的な學修を進めていくことができるように、能動的學修、雙方向型教育、実踐型?體験型學修等を積極的に取り入れる。
  • (2) 雙方向型の教育を効果的に実踐するために、少人數教育、ICT等の教育支援ツールを使用した學修空間を形成する。
  • (3) 學修の成果を発表する機會(學生研究発表大會など)を設定し、多様な交流活動を通して、他者を理解、尊重し、自己表現することの大切さを學ぶ。
  • (4) 學修、キャリア形成に関する成果(発表資料やレポートなど)を「學修ポートフォリオ(學生が作成した成果物や面談內容等を蓄積するシステム)」に蓄積し、自己の學修活動の振り返りや評価、キャリア形成のほか、學修指導、キャリア形成支援に積極的に活用する。

7.カリキュラム體系

以上の方針に基づき、共通教育科目と専門教育科目からなる、以下のカリキュラムを編成する。

  • (1) 共通教育科目
    • 基礎科目、一般教養科目、総合科目、外國語研修科目、技能資格関連科目を配置し、選択履修できるようにする。
    • 「文章表現入門」、「視聴覚英語」、「英語表現」、「數的処理ⅠA」、「數的処理ⅠB」、「基礎體育A」、「基礎體育B」などの科目の履修を通して、大學での學修への適応と言語能力や數量的スキルなど汎用的技能の修得に資するようにする。
  • (2) 専門教育科目
    • 経営學分野である経営學、商學、會計學、経営情報の科目群を配置し、選択履修できるようにする。
    • 経営學の隣接分野として、統計學、経済學分野の科目群を配置し、選択履修できるようにする。
    • 経営學の関連分野として、法學分野の科目を配置し、選択履修できるようにする。
    • 1年次には「基礎演習A」、「基礎演習B」を配置し、大學における學修技法を學びつつ、他者への理解やコミュニケーション能力を向上させると同時に、現代ビジネスの諸課題を発見する力を修得させる。
    • 自分の興味?関心、將來の進路志望に合わせて経営學分野から選択できる専門演習及びアドバンスト演習を2年次から各年次に配置し、履修できるようにする。
    • 自分の興味?関心、將來の進路志望に合わせて2年次からコースを選択できるようにする。
    • 1年次より段階的?體系的なキャリア教育を行うため、各年次の到達目標を設定したキャリア形成科目を配置し、経営學部生として身につけるべきキャリアスキルを涵養するとともに、社會的?職業的自立に必要な能力を養成する。また、國內外での就業體験を通じて、將來の進路や職業の選択に向けた職業観の涵養を目的として、「インターンシップⅠ」、「インターンシップⅡ」、「インターンシップⅢ」、「インターンシップⅣ」と「海外インターンシップ」を設置する。

経営學部経営學科の入學者受入れの方針(AP)

  • 本學の建學の理念、使命及び経営學部経営學科の教育目的を理解し、以下のような目標?意欲を持っている。
    • (1)経営學を中心とする幅広い専門知識とその実踐的応用能力を活用して、企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、技術革新やグローバル化が進展するなかで、現代ビジネスの諸問題を解決しようとする意欲を持っている。
    • (2)會計専門職(公認會計士?稅理士)など高度専門職業人として活躍したい、又は創造的なビジネスパーソンや起業家を目指したいという意欲を持っている。
    • (3)國際化?情報化社會に主體的に対応し、関連する知識や技術を活用して、國際社會?地域社會で活躍しようとする意欲を持っている。
  • 高等學校で學習する國語、英語、歴史、公民、地理、數學などについて、高等學校卒業相當の基礎學力を有している。
  • 高等學校での學習?活動を通じて、英語、商業?簿記、情報処理などの資格を取得したり、様々なスポーツ?文化活動やボランティア活動などに取り組んだ経験を有している。
  • 社會的事象に対して知的関心を持ち、自身の考えをまとめ、その考えを表現することができる。また、主體性を持って多様な人々とともに學ぶ態度を持っている。
  • 上記のような資質のある者に対して、素養をはかるためにAO入試、推薦試験、一般試験などの入學者選抜を実施して、多面的?総合的に評価することによって多様な個性?能力を持つ人材を受け入れる。