國際學部國際學科の教育研究上の目的

國際學部國際學科は、異文化理解と多文化共生を育み、豊かな國際感覚と優れたコミュニケーション能力を身につけるとともに、幅広い教養と専門性を備え、チームワークとリーダーシップをもって、國際的なビジネス?市民社會で活躍できる人材の養成を目指して、教育研究を行う。(學則第2條第2項(4))

學位授與の方針(DP)、教育課程の編成?実施の方針(CP)、入學者受入れの方針(AP)

國際學部國際學科の學位授與の方針(DP)

國際學部國際學科は、異文化理解?多文化共生を育み、豊かな國際感覚と優れたコミュニケーション能力を身につけるとともに、幅広い教養と専門性を備え、チームワークとリーダーシップをもって、國際的なビジネス?市民社會で活躍できる人材の育成を目指している。國際性と學際性とを特質とする學士課程教育によって、以下の能力を身につけている學生に対し、「學士(國際學)」の學位を授與する。

  • グローバル化する現代社會の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている。
  • 英語を中心として、國際コミュニケーションに必要なコミュニケーションのツールとスキルを活用する能力を修得している。
  • 國際社會の多様性を尊重しつつ、同時に自己のアイデンティティをもって行動することができる能力を修得している。
  • 異なる価値観や文化的背景をもつ他者と協力し、社會の一員として活躍できる能力と生涯にわたる就業力を身につけている。

國際學部國際學科の教育課程の編成?実施の方針(CP)

1.コース制による學修と卒業要件、學修?留學?進路支援制度

(1)將來の進路に対応した2つのコースによる學修

  • 1) 國際コミュニケーションコース
    • 「國際交流?公共サービスモデル」
    • 「観光ホスピタリティモデル」
    • 「英語専門職モデル」
  • 2)グローバルキャリアコース
    • 「民間企業?國際業務マネジメントモデル」
    • 「國際商取引モデル」
    • 「國際協力モデル」

(2)卒業要件と必修科目の設定

  • 1)卒業要件:合計124単位
  • 2)必修科目

    1年次:Intensive English L/SⅠ?Ⅱ、Intensive English W/RⅠ?Ⅱ、海外語學研修あるいはフィールド?プロジェクトⅠ、基礎演習A?B

    2年次:Advanced English L/SⅠ?Ⅱ、Advanced English W/RⅠ?Ⅱ

(3)4年間を通したアドバイザー制度

2.基礎から専門発展科目へつながる幅広い人文?社會科學等を通じた學際的學修

  • (1) 異文化理解の基盤となる日本の文化、歴史、社會ならびに世界各國?地域の文化、歴史と、現代の社會事情に関する幅広い科目の設置
  • (2) 1年次の専門基礎科目の學修後、3分野(國際理解、コミュニケーション、國際ビジネス関連)の専門発展科目群の配置
  • (3) 各分野での學際的?複合的な學修
  • (4) 情報化された現代社會を理解するための科目、コミュニケーションの理論的な理解のための科目の配置
  • (5) プレゼンテーション、ディベート、ビジネス交渉等を少人數で學ぶ科目の配置

3.実踐的なコミュニケーション能力の育成

  • (1) 1?2年次は、習熟度別20人以下の少人數クラス
  • (2) チームティーチングで英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)のバランスよい教育
  • (3) 3年次以降は、CBLT(Content-Based Language Teaching)で、英語による専門講義科目や演習科目の設置
  • (4) 1年次の早期からの多彩な留學?海外體験実施による英語運用能力の向上
  • (5) TOEIC?やTOEFL?等の英語能力試験の対策科目の配置

4.1年次からの海外體験、多彩な留學プログラム等の國際教育プログラム

  • (1) 1年次に「海外語學研修」または海外での「フィールド?プロジェクトⅠ」への參加(必修)
  • (2) 段階的にステップアップできる國際教育プログラムの提供、複數回の海外體験の積極的な推奨

5.少人數?雙方向型、実踐型教育

  • (1) 1年次から4年間を通して20人を定員とした少人數?雙方向型教育の演習の開講
  • (2) 各専門授業における雙方向型教育の実施
  • (3) 留學?海外體験、専門演習におけるPBL(Project-Based Learning)等の実踐型教育の実施

6.異文化理解と多文化共生を育む國際色豊かな教育空間

  • (1) キャンパス內におけるネイティブ教員や多様な國?地域出身の留學生との日常的な交流の積極的な推進
  • (2) 豊かな國際感覚を育むキャンパスライフの創出

7.體系的なキャリア教育と特別プログラム?資格取得支援

  • (1) 正課での4年間にわたる體系的なキャリア教育の実施
  • (2) 日本語文章表現能力、コミュニケーション技法、ICTの活用能力などの汎用的技能の養成
  • (3) 正課外での特別プログラムの実施、資格取得の積極的なサポート
  • (4) 海外インターンシップによる、諸外國での就労體験

國際學部國際學科の入學者受入れの方針(AP)

  • 本學の建學の理念、使命及び國際學部國際學科の教育目的を理解し、以下のような目標、意欲を持っている。
    • (1) 異文化理解?多文化共生への関心を高め、グローバル化する現代社會の諸問題について理解しようとする意欲を持っている。
    • (2) 海外體験?留學など多様な機會を活かし、豊かな國際感覚と英語を中心とした國際コミュニケーション能力を身につけようとする意欲を持っている。
    • (3) 幅広い教養と専門性を備え、チームワークとリーダーシップを発揮して、國際的な領域におけるビジネス?市民社會で活躍しようとする意欲を持っている。
  • 高等學校で學習する國語、英語、歴史、公民、地理、數學などについて、高等學校卒業相當の基礎學力を有している。
  • 高等學校等での學習?活動を通して、英語をはじめとする外國語の資格を取得したり、様々な國際交流活動やスポーツ?文化活動、ボランティア活動などに取り組んだ経験を有している。
  • 社會的事象に対して知的関心を持ち、自身の考えをまとめ、その考えを表現することができる。また、主體性を持って多様な人々とともに學ぶ態度を持っている。
  • 上記のような資質ある者に対して、素養をはかるためにAO入試、推薦試験、一般試験などの入學者選抜を実施して、多面的?総合的に評価することによって多様な個性?能力を持つ人材を受け入れる。