お知らせ

お知らせ / 2020年

お知らせ一覧へ

2020.11.25

新型コロナウイルス感染癥の急速な拡大に対応した感染予防対策の徹底について

2020年11月25日
在學生の皆様

新型コロナウイルス感染癥の急速な拡大に対応した感染予防対策の徹底について

大阪経済法科大學 
學長 田畑 理一

 報道などで周知のとおり、新型コロナウイルス感染癥は、秋の深まりとともに、急速に拡大傾向を示しています。大阪府においても、10月下旬以降、再拡大の傾向が明確になり、直近では1日490名の感染者が確認されるなど、大阪府下の感染者數が過去最多を更新する狀況にあります。これから冬が到來し、気溫?濕度の低下により感染が広がりやすい時期を迎え中、さらなる感染拡大が懸念されます。このまま感染が拡大すると、醫療體制のひっ迫が現実化する狀況を迎えようとしています。
 大阪府知事からも、大阪府內の大學に対して、「5人以上?2時間以上」の宴會?飲み會を控えることをはじめ、感染拡大防止に向けた取組みを學生の皆さんに呼びかけるよう依頼が來ております。
 ついては、11月11日にも學生の皆さんに感染予防対策を呼びかけたところではありますが、下記のとおり、改めて更なる徹底をお願いします。感染予防には學生の皆さんの積極的な參加と協力が必要です。學生?教職員が皆で協力し、家族の命と健康を守り、大學の教育活動を進めていきましょう。


1.これまでの感染予防対策を再確認し、感染予防対策を厳守してください。
 〇「秋學期の対面授業実施にあたっての感染予防対策について」[9/2]
 〇「晝食時の感染予防対策について」[9/25]
 〇「冬の到來に向けて感染拡大が懸念されます。新型コロナウイルス感染予防対策の徹底をお願いします」[11/11]

特に以下に點に注意してください。

(1)毎日の體調管理
 毎朝、検溫し體調を確認し、「健康観察シート」を記入してください。大學に登校する際には、必ず「健康観察シート」を持參してください。
 発熱や咳など風邪の癥狀がある場合は、登校せず自宅で療養してください。そして最寄りのかかりつけ醫など、醫療機関を受診してください。
 癥狀がありPCR検査を受けることになった、また濃厚接觸者となりPCR検査を受けることになった場合には、絶対に登校せず、大學にすぐに連絡してください
 また、同居の家族が感染した、濃厚接觸者となった場合も、登校しないでください。その場合は、大學に連絡し、その指示に従ってください。

 <発熱や風邪の癥狀がある場合の連絡先>
  大阪経済法科大學 教務課
   平日(9時~17時)連絡先 072-920-7062(教務課直通)

 <感染が判明した、濃厚接觸者となった場合の連絡先>
  大阪経済法科大學 庶務課(擔當:春山、山崎)
   平日(9時~17時)連絡先 072-941-8211(代表)、072-941-1503(庶務課直通)
   土日祝日?夜間 連絡先   072-941-3215

(2)登校時の検溫とマスクの著用
 登校時の検溫にご協力ください。これまでどおり、花岡キャンパスでは、スクールバス乗り場もしくは校門で、八尾駅前キャンパスでは建物入口で検溫を実施します。
 登下校及びキャンパス滯在中は必ずマスクを著用してください。

(3)授業中の感染予防対策
 ① 教室に入る人數を制限し、間隔を空けた座席配置としています。座席指定を行っていますので、必ず自分の座席に著席してください。
 ② 教室に入室?退室する際にはアルコール消毒液による手指の消毒をしてください。
 ③ 教室の出入口と窓を適宜開放し換気を行います。これから寒くなるので、コートやマフラー、手袋、帽子、耳あてなどを授業中に著用しても構いません。感染予防のため、コートやマフラー、手袋、帽子、耳あてなどは複數用意し、日替りで著用するようにしてください。
 ④ 教室に入り自分の座席の機?イスをアルコール消毒液により消毒?除菌清掃してください。
 ⑤ 授業中は必ずマスクを著用してください。
 ⑥ 演習?語學の授業など対話?討論する授業(講義型授業におけるグループワークも含む)では、飛沫やエアロゾルが目の粘膜などに付著し感染することを防ぐため、マスクとともにフェイスシールドも必ず著用してください。

(4)キャンパス滯在中の感染予防対策
 キャンパス滯在中は、こまめに石鹸による手洗い、アルコール消毒液による消毒を行ってください。キャンパスの利用シーンに合わせた感染予防は以下のとおり行ってください。

 ①窓口?事務所にはアクリル板など飛沫防止のパーティションを設置しています。窓口での密集?密接を避けるため、入室の制限や経路の指示、人との距離の確保を行いますので、ご協力ください。
 ②図書館やPC教室を使用する際には、使用の前後にPC、キーボード、マウス等を消毒してください。
 ③キャンパス內で飲食をする際には、どうしてもマスクを外す必要があり、飛沫感染の危険が高まります。食堂には飛沫防止のアクリル板を設置していますので、必ずアクリル板を挾んで著席するようにしてください。そして、食事中はできるだけ會話を控えてください。また、友人と食事を分け合う、回し飲みする、食器やコップを共有するなどは絶対にしないでください。

(5)課外活動における感染予防対策
 ○ 各クラブで作成し大學に認められた感染予防対策を厳守し、認められた活動のみ実施してください。當分の間、クラブ內でのイベントや合宿等は禁止です。

<基本事項>
 ① クラブ活動の參加にあたっては、本人及び保護者の連名による參加意思確認書を提出する。
 ② マスクを常時著用する(スポーツ活動中は外して良い)。
 ③ 日常的に體溫測定や諸癥狀の有無など健康観察を行う。
 ④ 身體的距離を確保する(身體的接觸がある活動は避ける)。
 ⑤ 石鹸による手洗い、アルコール消毒液による手指の消毒を徹底する。
 ⑥ 利用する施設?設備、練習用具等の消毒?除菌清掃をこまめに行う。
 ⑦ 屋內施設(體育館、部室、更衣室等)の換気(窓?扉の常時換気)を行う。
 ⑧ 接觸確認アプリ「COCOA」を登録?利用する。

<日常生活の自己管理>
 ① 自宅外での會食(下宿等での友人との會食を含む)は當分の間自粛する。やむを得ず會食を行った場合は、翌日から4日間活動に參加できない。
 ② 発熱だけでなく、頭痛、咳、倦怠感など平常時と異なる変調がある場合、活動に參加しない。
 ③ 家族や友人?アルバイト先などで陽性者や濃厚接觸者が出た場合、自身に癥狀がなくても活動に參加しない。

<活動前日?當日の體調確認>
 ① 前日夜もしくは當日朝に発熱もしくはその兆候などがあれば、活動に參加しない。
 ② 活動前の検溫?體調確認で異常がある場合、活動に參加しない。

(6)新型コロナウイルス接觸確認アプリ等の活用
 ○ 厚生労働省が開発した「新型コロナウイルス接觸確認アプリ(COCOA)」をダウンロードし、活用してください。


2.學外での感染予防行動等について

(1)會食における感染予防対策
 政府の新型コロナウイルス感染癥対策分科會では、「感染リスクが高まる5つの場面」として、①飲酒を伴う懇親會、②大人數や長時間に及ぶ飲食、③マスクなしでの會話、④狹い空間での共同生活、⑤居場所の切り替わり(休憩時間など)が挙げられています。
 これらを踏まえ、家族?親戚や友人と飲食店等を利用する際には、以下の感染予防行動を心掛けてください
 ○ 會食の前後に手洗いやアルコール消毒を行う。
 ○ 同居家族以外では、多人數(5人以上)、長時間の會食は行わない
 ○ 感染予防対策がしっかりと行われている飲食店(換気、消毒、飛沫防止、他の客との距離、食事提供方法など)を利用する。
 ○ 大皿や鍋を複數人で食べるなどの食事の提供方法は避ける。箸やトング、食器、コップ等は共有しない。
 ○ 飲食と會話にメリハリをつけ、會食中でも會話する際には、できる限りマスクを著用する。
 ○ 會食をしたあと、次の會食には10日程度空けるのが望ましい。

(2)冬季休業期間中の旅行や帰省における感染予防対策
 冬季休業期間中は年末年始を迎え、旅行や帰省の機會が増える時期を迎えますが、感染予防に細心の注意を払ってください。また、地域の感染狀況や政府?自治體からの情報発信に注意を払い、狀況によっては、自身の判斷で中止する心構えを持っておきましょう。

<旅行>
 ○ 感染流行地域は避ける
 ○ 旅行先での會食は多人數?長時間で行わない。

<帰省>
 ○ 家族ともよく相談し、混み合う時期を避けるなど、感染予防を心掛ける。
 ○ 帰省先での親戚?友人との會食は多人數?長時間で行わない。

以上
733漫画,733漫画在线观看,733漫画免费视频