アジア研究所

國際シンポジウム

東アジア學國際學術シンポジウム

世界情勢の急激な変動を受けて、東アジアを巡る地域學に関しても學問的枠組みの変革が求められている。當研究所はそうした観點から北京大學東アジア學研究センターといち早く協定を結び、今後の新しい學問的潮流を主導するべく、國際的な研究ネットワークの醸成、さらには、現実に働きかけうる學術會議の開催を目指してきた。その結実が、2000年8月に北京にて開催された「東アジア學國際學術シンポジウム」であった。世界各國から參加した東アジアに関する研究機関のリーダーたちは、その會議の成功を受けて、それを更に推進発展すべきとの意見で一致し、以降、隔年で同シンポジウムを開催し、恒常的に國際的な學術交流を推進するべく努力している。

第10回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
21世紀における東アジアの新局面
日時
2018年8月28日(火)~29日(水)
場所
モンゴル モンゴル國立大學
主催

モンゴル國立大學/北京大學東亜學研センター/大阪経済法科大學アジア研究所

第9回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
新たな情勢の下での東アジアにおける協力と交流
日時
2016年9月17日(土)~18日(日)
場所
中國 復旦大學
主催

復旦大學日本研究センター/北京大學東亜學研究センター/大阪経済法科大學アジア研究所

第8回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
再構築される東アジア
日時
2014年9月13日(土)~14日(日)
場所
中國 遼寧大學
主催

遼寧大學國際関係學院/北京大學東亜學研究センター/大阪経済法科大學アジア研究所

第7回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
新しい世界秩序と東アジア
日時
2012年9月7日(金)~8日(土)
場所
中國 中山大學
主催

中山大學亜太研究院/北京大學東亜學研究センター/大阪経済法科大學アジア研究所

第6回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
多極化する世界の中の東アジア
日時
2010年9月9日(木)~10日(金)
場所
ロシア、ウラジオストク(ロシア極東國立大學)
主催

ロシア極東國立大學/ロシア科學アカデミー極東支部太平洋地理學研究所
ロシア科學アカデミー極東支部歴史?考古?民俗學研究所
大阪経済法科大學アジア研究所/北京大學東亜學研究センター

第5回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
21世紀の東アジア -平和?安定?共生-
日時
2008年9月21日(日)~22日(月)
場所
日本、大阪(大阪國際交流センター)
主催

大阪経済法科大學アジア研究所/北京大學東亜學研究センター

詳細はこちら

第4回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
東アジア共同體に向けて-展望と挑戦-
日時
2006年9月15日~16日
場所
ベトナム、ハノイ
主催
ベトナム社會科學院北東東アジア研究所/北京大學東アジア學研究センター/本學アジア研究所

第3回 東アジア學 國際學術シンポジウム

テーマ
アジアにおけるエスニックグループの調和と軋轢-東アジア共同體の展望-
日時
2004年12月17日~18日
場所
ベトナム、ハノイ
主催
ベトナム社會科學院北東東アジア研究所/北京大學東アジア學研究センター/本學アジア研究所

第2回 東アジア學國際學術シンポジウム

テーマ
経済のグローバル化?地域化と東アジア
日時
2002年8月21日~22日
場所
中國北京市、北京大學
主催
北京大學東アジア學研究センター/本學アジア研究所

第1回 東アジア學國際學術シンポジウム

テーマ
東アジア學研究の現狀と課題
日時
2000年9月22日~23日
場所
中國北京市、翠宮飯店
主催
北京大學東アジア學研究センター
後援
北京大學アジアアフリカ研究センター/本學アジア研究所

アルタイ學國際學術討論會

學と中國中央民族大學との間で學術交流協定が締結されたことを契機に、中央民族大學と本學アジア研究所との共同主催による、アルタイ學研究をテーマとした國際シンポジウムの準備が進められた。グローバル化は、その反面で様々な民族の共生というテーマを浮かび上がらせている。多民族の共生をまさに生き、それがもたらす様々な問題を研究の中心に展開している中央民族大學は、いわばひとつの學問的モデルともなりうる。本學のアルタイ語専門の教員との學術交流は、本格的な學問成果が期待される。今後の交流の実質化の一歩となる事業である。

アルタイ學國際シンポジウム

日時
2004年7月8日~10日
場所
中國、中央民族大學
主催
中央民族大學
後援
本學アジア研究所

これまでの國際シンポジウム

當研究所のこれまでの國際交流の2本の柱は、朝鮮學國際學術シンポジウムと、「東アジアの社會」と総稱された學際的シンポジウムであったが、前者は既に大きなシンポジウムを重ね、このシンポジウムの過程で生まれた國際高麗學會を中心に、南北朝鮮の大きな學術機関の協力の下、自立的な発展の段階に至っている。また後者は、既にその役割を終え、當研究所と北京大學東アジア學研究センターが中核を占める「東アジア學フォーラム」が企畫運営する國際シンポジウムに席を譲るにいたっている。

過去のシンポジウムへ

733漫画,733漫画在线观看,733漫画免费视频